千葉 パート看護師

職場の夜勤専従看護師について


私が働いている職場には、夜勤専従で働いている看護師の方が何人かいます。

 

循環器病棟とCCUが一緒になっている職場なので、その忙しさは半端ではないんですけど、そんな職場で、夜勤専従で働いているのは、バリバリ働きたいという方ばかりです。

 

その仕事ぶりは、すごいですよ。

 

自分の担当の仕事だけではなくて、周囲にも目を向けて、スムーズに仕事が進むように常に気を使っているんですよね。

 

病棟で働くのには、チームワークが必要ですよね。

 

それに、循環器病棟のように忙しい職場だと、ギスギスしていて、人間関係が悪いようなイメージが強いですよね。

 

でも、職場の夜勤専従で働いている皆さんは、仕事にやり甲斐を持って、一生懸命に働いているので、何だか輝いていて、人間関係に問題なんて全くないんですよ。

 

あんなに仕事ができて、バリバリ働いてる姿を見ていると、とても憧れてしまいますよね。

 

私も、そのようになりたいなと思っているんですけど、まだまだですね。

 

循環器病棟で夜勤専従で働くには、本当に仕事ができる人でなければ、まず勤まりません。

 

私もいつかは、夜勤専従看護師のようになりたいと思って、今は目標にしていますね。

 

どこの病院でも夜勤ができるスタッフが不足しているので、夜勤看護師の求人はとても多いですよね。

 

確かに、家庭を持っている看護師にとっては、夜勤をするのは難しいのかもしれませんよね。

 

その点、私は独身なので、どんな働き方でもできます。

 

今の職場でもっと経験を重ねて、先輩にも認められるようになって、夜勤専の従看護師として、バリバリ働く事ができるようになりたいです。

 

夜勤専従は給料が高いので、実はそれも魅力に思ってるんですよね。

 

まだまだ頑張らなくてはいけませんね。

子供がいて良かったな〜(*^。^*)としみじみ思う時ってありますよね!子供の存在が仕事のモチベーションになる時ってありますか?

看護師の職場って、どこの職場に行っても大変さはあるってわかっていますf^_^;

 

仕事内容がハードだったり、人間関係が悪い職場だったり、大変な仕事なのに、給与が少なく、待遇の悪い職場だったり…(;´Д`A

 

そんな職場で働いていると、とてもストレスがたまりますね。

 

あ?ぁ、こんな職場辞めてしまおうかしら…って思うこともよくありますよね(p_-)

 

でも、仕事ってお金を稼ぐ為で、それは自分の家族を養うためだから、辛くても頑張れちゃうなぁって思うんですよね。

 

私の職場の後輩が、入社した頃はまだ独身で、今は2児の母になりながら仕事を続けています。

 

後輩は、よく先輩たちのターゲットになりがちで、事あるごとに注意、指摘…時には言われのないことまで言われるありさま(T ^ T)

 

うちの職場には、当時お局ナースが権力が強く、何かと職場内をもましていたんです。

 

そこに巻き込まれやすかった後輩…。
よく愚痴を聞いて励ましていました。永久脱毛するなら病院で

 

 

妊娠で体調を崩した時も、何かと文句をつけられストレスから、さらに体調を崩し、仕事も休みがちになりましたね(;´Д`A

 

よく弱音を吐いていたけど、今はだいぶ強くなりましたね。

 

二人の子供を育てていくためには、やはり夫婦で稼いでいくしかない。

 

今までは、言われれば落ち込んで、悩んで…だったけど、家庭のため、子供のためと思えば割り切れる!

 

って、話すようになったんです(^o^)

 

やはり、モチベーションを上げる要素って、仕事をしていく上で、とても重要だと思うんですよね。

 

それが、「子供」だと、最強だな!って思いますよ\(//∇//)\

 

独身の頃だったら、くじけちゃいそうなことでも、親になったからこそ強く慣れてることってあるんですよね。

 

子供を養ってあげているんではなく、子供がいてくれるから自分が働けている…そう感じますね

小児科クリニックでは正社員のナースは何人いましたか?常勤よりもパートが多かった??

私の働く小児科クリニックは、一日200名前後の患者さんが来院します。

 

小児科は、混み合う時期があるんですよね(;´Д`A

 

季節で言えば、冬が最も混み合いますね。

 

風邪ひきさんの増える時期ですし、なんといってもインフルエンザが猛威を振るう時期ですからね(´・Д・)」

 

また、ノロウイルスなどの嘔吐下痢症も流行する時期です。

 

だから、冬場の小児科クリニックは、毎日ものすごい混みようなんです。

 

また、盆やゴールデンウィーク前後などの大型連休前後も爆発的に混み合います。

 

それに比べて患者さんが少ない時期も、もちろんあります。
夏場は比較的空いている日が多いんですよね。

 

とくに夏休み中は、患者さんがぐっと減りますね(´・Д・)」

 

子供は、学校での感染も多く、学校が長期休みに入った途端、感染症の子供は減るんです。

 

しかし、どんな時期も週末や連休前後は、非常に混み合います。

 

だから、いくら空いていると言われる夏場でも、忙しい日がないわけではありませんε-(´∀`; )

 

ナースは常勤で3人います。
1名のナースが産休に入った年もありましたが、産休代替はありませんでした(;´Д`A

 

3人という人数は、ちょっとキツイですね。

 

空いている時はともかく、冬場は本当に大変です(T ^ T)

 

ナースは、診察介助の他に、レントゲンや咽頭検査など、検査の介助もあります。

 

検査技師がいないため、レントゲンの現像もナースがやらなくてはなりません。

 

また、高熱でぐったりしている子供や、嘔吐がひどい子供は採血や点滴もあります。

 

冬場は、高熱のインフルエンザでぐったしている子供や、嘔吐下痢症で水分も取れない子供が多く、点滴室のベットは常に満杯です(´・Д・)」

 

これらを3人でこなすのは、なかなか大変なんです(;´Д`A

 

点滴も、いくら慣れているとはいえら子供の血管は見えづらく、しかも脱水だったり高熱だったりで、全く血管の感触が触れない子供もいます。
一人の点滴に時間がかかってしまうと、他の業務が回らなくなってしまうため、気持ちも焦りますね>_<

 

点滴にかかりきりで、手が離せない時は、事務で診察介助を手伝ってくれることもあります。

 

出来れば、パートでいいからナースを増やして欲しいのですが…。

 

毎日残業で、残り番が一人ずつ当番で、点滴が終わるまで残って、クリニックを閉めて帰ります。

 

だから、2〜3日に一回は、帰宅が21時過ぎるというキツイ仕事ですよ(?_?;)